breakfast
 
毎朝、朝食はしっかり摂っていますか?

朝食を摂る事は朝イチで体の深部温度を上げる事につながり、一日を元気よくスタートさせるには必須なのですが、中には朝食は食べないという人がいるのも事実。

そういう人に多いのが夜遅くまで起きている夜型人間

・朝は食べる時間がない
・寝起きはお腹が空かない
・胃がもたれている
・頭がボーっとしている

などといった事が日常的になってしまい、これでは体内時計も狂ったままで仕事においても勉強においても本来のパフォーマンスを発揮できません。

では、どのようにすれば体内時計を調整し、夜型生活を改善できるのか。今回はその方法として最も重要な、朝食の摂り方についてご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

一日のスタートは日光と食事

太陽
朝起きて太陽の光を浴びる。そうする事によって体は一日の始まり感知し体内時計がリセットされる、というのはこちらの記事に書かせていただきました。
 
関連:【体内時計リセット3選】朝イチの”焼き魚定食”が快眠につながる理由?
 
が、それと同じように、朝食を食べる事によっても体は一日のスタートを認識し、リズムを刻みはじめます。これは食餌性体内リズムと呼ばれるものですが、ここで重要なのが10時間以上何も食べていない状態で、朝食を摂るというもの。

例えば、夜の8時に朝食を摂るとすれば、朝は6時以降に食べるのが理想とされています。

仮に、一日の最後の食事が深夜になってしまったりすると、朝ご飯をパスしてしまったり、十分な時間を開けずに朝食を摂る事になり、体内リズムが狂ってしまいます。そうなると悪循環の始まり。

深夜に食べる → 朝食は食べない → 昼食はたくさん食べる(朝食) → 夜もたくさん食べる(昼食) → 夜更かしで間食(夕食) → 朝食が食べられない・・・・・・

という繰り返しになってしまう可能性も。これでは体内時計どころか体に負担が掛かって毎日の生活がしんどくなる一方ですよね。

こういった夜型の生活を改善するには、まずは夜は早い時間に夕食を済ませ、そこから10時間は何も食べない、朝は早起きしてしっかりと朝食をいただく。体内時計を整えるにはここから始めましょう。
 
関連:朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果
 

スポンサーリンク

まとめ

 
夜型生活の改善対策、いかがでしたでしょうか?

夜型の生活になってしまうと、寝る前に小腹が空いてついついお菓子などを食べてしまいガチですが、逆にこういった事が夜型生活を生み出している可能性があるという事ですね。

寝る前はなんとか水分で我慢して、10時間後の朝食を美味しくいただく習慣を付けていきましょう。

これがまさに、ブレックファスト(断食をやめる)ですね^^
 
■上質な睡眠で体を元気に!↓↓
⇒ 休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

スポンサーリンク


 

こちらの記事もよく読まれています
口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選
カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ
ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い
短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法
滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ
お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット
そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり
目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった
朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果
化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。