腰痛
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“腰痛ストレッチ”について。

長時間のデスクワークや立ち仕事が続くと腰が痛くなること、ありませんか?

ずっと同じ姿勢でいたり、猫背のままでいると腰に負担がかかり、腰痛の原因となってしまいます。腰痛はクセになるとなかなか治らないどころか、放っておくとどんどん悪化してしまうので、少しでも腰痛が続くようであれば早いうちから解消しておきましょう。

ということで、今回はそんな腰の痛みを解消するのに効果的な腰痛ストレッチ法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:体幹を鍛えて腰痛やヘルニアの改善に!効果的なトレーニング法をご紹介
 

スポンサーリンク

腰痛を解消する2つのストレッチ法

 

腰痛ストレッチ

参照:http://topicks.jp/62800


では早速、ご紹介しましょう。

一つ目は腰を後ろに反ると痛い腰痛の場合。この場合はまず仰向けに寝そべってください。次に両足の膝を立てます。

そして、両ひざを抱えて胸あたりまで引き上げてください。その状態で2〜30秒キープします。※この時、座布団やクッションをお尻の下あたりに当ててあげると、安定しますので、ぜひ使ってみてください。

次は、前屈すると腰が痛い場合。この場合はさっきとは逆で、まずうつ伏せになります。そして、両ひじを床について上半身を起こします。

お腹は床につけたまま、腕を徐々に伸ばして上半身をゆっくり反らせます。こちらもこの状態で2〜30秒キープします。
これらを3セット行いましょう。

無理やりギュッと反らすのはやめてください。あくまで心地よいと感じる程度にとどめておきましょう。体が温まっているお風呂上がりなどにやるのがオススメですよ。
 
関連:肩こりの解消に揉むのはNG?肩甲骨をほぐす効果的なストレッチ法はコレ
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでょうか?

先ほどのストレッチ、前屈して痛い場合と、反らした時に痛い場合の2パターンがありましたが、基本的には痛い時と逆の方向、つまり「気持ちの良い方向へ反らしてあげる」という認識でほぐしてあげると良いしょう。

日頃からデスクワークや腰を曲げる作業が多いという人は、1時間に1回でも良いので、しっかりと伸びをしてあげることで腰痛はかなりマシになりますので、その辺りも意識してやってみてください。

日頃の腰痛でお悩みの方はぜひ試してみてくださいね!それでは!

■腰痛の予防にはこれ!アマゾンベストセラー商品↓↓


スポンサーリンク