インフルエンザ 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“隠れインフルエンザ”について。

今年もインフルエンザが猛威をふるっていますね。今の時期、学級閉鎖というところも少なくないようです。

そんなインフルエンザですが、知らず知らずのうちに感染者を増やす「隠れインフルエンザ」にかかっている人もいるといいます。

隠れインフルエンザとは、あまり聞きなじみがないかもしれませんが、これにかかっている人は、自分でも気が付かないうちにインフルエンザを拡散している可能性があるのです

そこで今回は、隠れインフルエンザの症状について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【インフルエンザ対策】こまめに水を飲んで日光浴するのが良い?予防に効果的な3つの方法
 

スポンサーリンク

隠れインフルエンザってなに?

隠れインフルエンザとは
隠れインフルエンザは、感染しているのに症状が強く現れないため、本人がインフルエンザにかかっていることに気が付かない状態です。

発見が遅れるため、知らないうちに他人にインフルエンザをうつしてしまっていることがあるのです。

隠れインフルエンザに注意したいのは、高齢者やインフルエンザワクチンを接種した人。高齢者の場合、免疫力が低下しているので高熱になりにくくなります。

例えば、65歳以上の人の場合、発熱しても38度程度にしか上がらないケースがほとんどだそうです。また、ワクチンを接種した人は、症状が軽く出るので、かかっていても気づかない場合が多いようです。

加えて、インフルエンザB型では、胃腸には症状が出るものの発熱は大したことがなくて、かかっていることに気が付かないこともあります。

隠れインフルエンザは症状が軽いために、気づかない人が多いのですが、放置しておくとそのまま症状が悪化し、最悪の場合肺炎になってしまう人もいます

ですので、例え症状が軽くても、体調不良を感じたら早めに受診し、感染を広げないようにすることが大切です。

隠れインフルエンザの症状の特徴は?

隠れインフルエンザの症状
風邪の場合、鼻が詰まったりのどが痛くなりますが、インフルエンザは、発熱や消化器官に不調がでたり、全身の倦怠感を起こすのが特徴です。

関節や筋肉の痛み、頭痛、下痢や腹痛などがあり、数日経っても不調が回復しない場合、熱が出たり収まったりするという症状も隠れインフルエンザの可能性が考えられます

くしゃみや咳などの書状よりも全身に痛みや倦怠感を感じるようなときには、隠れインフルエンザを疑ってみましょう。風邪と間違いやすいので、「もしかして……」と思ったら早めに病院に行くことをおすすめします。
 
関連:【葛根湯】風邪の初期症状がすぐに治る?効果的な飲み方はコレ
 

スポンサーリンク

隠れインフルエンザまとめ

いかがでしたでしょうか?気が付かないうちに周りにインフルエンザを拡散してしまうという、“隠れインフルエンザ”についてまとめてみました。

症状が軽いから、と放っておくと家族や友人を感染させてしまう事もあります。もちろん、周りに移してしまうだけでなく、自分自身も症状を悪化させてしまう事になります。

ちょっと体調がおかしいなと思ったら、隠れインフルエンザを疑ってみましょう。疑わしい時は、マスクなどの対策を行い、できるだけ早く病院で診てもらってくださいね

それでは!
 
関連:インフルエンザと花粉症の両方に効くはちみつ?マヌカハニーの効果が凄い
 

スポンサーリンク