かくれ脱水 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“かくれ脱水”について。

夏が過ぎ、秋に、そして最近は気温が一気に冷え込み、もう真冬並に寒くなってきていますよね。そんな寒い季節になると気をつけたい症状があります。

それが“かくれ脱水”。

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、秋冬特有の症状で、寒いにも関わらず体が脱水症状を起こしてしまうというものなのです

そこで今回は、かくれ脱水の症状とその対策についてご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【夏枯れ肌の対処法】季節の変わり目に起こる肌荒れやごわつき症状の原因は?解消する4つの対策
 

スポンサーリンク

かくれ脱水の原因と症状って?

かくれ脱水

かくれ脱水の原因

脱水症状と言うと、暑い夏に限ったものだと思われるでしょうが、実は冬場にも脱水症状になってしまう危険性があります。

それは「かくれ脱水」と呼ばれるもので、冬の乾燥した空気によって不感蒸泄(ふかんじょうせつ・・皮膚呼吸や通常の呼吸等)が増え、それによって普段よりも身体の水分が奪われてしまい、その結果として脱水症状を引き起こしてしまうというものです

特に冬場は汗をかかないため、水分に関しての意識は夏に比べると薄くなってしまう傾向にあります。ですので、頻繁に水分補給をしたり、冷たいものを連続的に摂取するという事をあまり行わなくなる為、夏場に比べると対策が後手になってしまうという事も原因といえるでしょう。

かくれ脱水の症状

では、かくれ脱水の症状としては、実際にどのようなものがあるのでしょうか。

まず、かくれ脱水のサインとしては、肌の乾燥や口の中の粘り、なんとなく体がだるい、そして目眩や立ちくらみといった諸症状があります

これは身体の水分量が足りていないというサインになるのですが、そのまま特に水分補給等をせずにいると、血液がドロドロになってしまい、血流が滞ります。

その結果として、むくみや手足の末端の冷え、そして血液中に血栓が作られてしまい、最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞等のリスクが高まってしまうという可能性もあります

以前は冬場の脳梗塞や心筋梗塞等に関しては、寒いので血管が収縮しがちになるせいだと思われていたようですが、今はかくれ脱水による血栓の増加が原因であるとも言われているようです。

そこまではいかずとも、ただでさえ寒い冬場ですので、手足の末端の冷えだけでも非常に堪えるのではないかと思います。

かくれ脱水を防ぐ対策

水分補給

喉が渇く前に水分を摂る

それでは、かくれ脱水を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。それはやはり、喉が渇く前に早めに水分補給をする、というものになるでしょう

もちろん、真水やスポーツドリンク等でも良いのですが、夏場と同じく、経口補水液が効果的なようです。

経口補水液の作り方

経口補水液の作り方もご紹介しておきましょう。

一度沸騰させて冷ました水1リットルに対し、砂糖を20〜40g程度、そして塩を3gにレモンを適量絞り、混ぜ合わせると出来上がります

人間の体液と成分が近いため、水分補給には非常に適切だと言われている経口補水液ですが、糖分や塩分が含まれているため、あまり飲みすぎないように注意した方が良いかもしれませんね。
 
関連:【乾燥予防】季節によって変えよう!お肌の水分量をアップさせるスキンケア方法
 

スポンサーリンク

かくれ脱水まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう!

・かくれ脱水とは冬場の乾燥によって不感蒸泄が増えることで体内の水分が少なくなること

・症状としてお肌の乾燥や口の中の粘り、倦怠感などが現れる

・対策としては喉が乾く前に水分補給をするのが効果的

・経口補水液を補給するのが理想的

このような感じでした。もしかすると症状が当てはまっているという方もいらっしゃるかも知れませんね。

上述のように、脱水症状を放置しておくと最悪の事態も考えられます。「今日はいつもより乾燥してるな〜」という時は加湿器をたくなり水分補給をするなりの対策をし、かくれ脱水を予防するようにしましょう

それでは!
 
関連:インナードライ肌ってどんな症状?乾燥の改善に効果的なスキンケア方法がこちら
 

スポンサーリンク