お風呂
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“乾燥肌を防ぐお風呂の入り方”について。

冬になって肌の乾燥がツラいという方、いらっしゃいますよね。実は意外にも、普段の何気ないお風呂が乾燥肌を引き起こしてしまっている可能性があるのです。

今回は、乾燥肌を引き起こしてしまうお風呂の入り方と、その対処法をご紹介したいと思います。

毎年の乾燥肌で悩んでいるという方はぜひ、参考にしてみてくださいね
 
関連:【肌がカサカサ】オリーブオイルが効く?乾燥肌の改善に効果的な4つの食べ物!
 

スポンサーリンク

乾燥肌を引き起こすお風呂の入り方

 
乾燥
 
冬は空気が冷たくカラカラで、それにともなって肌も乾燥しやすい季節です。

私も毎年冬になると痒みを伴う肌の乾燥に悩んでいました。体全体が痒くなり、特に頬や太もも、腕などがチクチクとして無意識に掻いてしまっていました。

乾燥による痒みって、ピリピリチクチクして嫌なものですよね。乾燥による痒みは普段のお風呂の入浴中に悪化させている可能性があるのです。

冬は乾燥しないような入浴を心がけることで、肌の痒みを予防することができます。乾燥を防ぐ入浴法とお風呂上がりのケア方法を紹介します。
 

ナイロン製のタオルは乾燥肌を悪化

 
タオル
 
体を洗うときはナイロンのタオルはできるだけ避けた方が無難です。

ナイロンのタオルは皮脂汚れをしっかりと落とせている感覚があって気持ちが良いですが、皮脂汚れだけじゃなく角質も剥がしてしまい、乾燥を悪化させてしまう可能性があります。

体を洗うときは絹のタオルで、そしてボディソープではなく低刺激な石鹸をつけて洗うのが肌に優しくてオススメです。
 

熱いお風呂よりもぬるま湯が◎

 
そして、お風呂で1番乾燥を悪化させてしまうのが、熱い湯船、つまり熱湯に浸かることなんです。熱い湯船は角質や保湿に必要な油分まで剥がしてしまうため注意しましょう。

でも、冬って寒いのでどうしても湯船に浸かりたくなるものですよね。そんな時はこういった保湿成分の入ったクリーミーな入浴剤を入れると良いですよ。

お風呂上がりの保湿ケアが大切

アルコール
そして、乾燥による痒み対策はお風呂上がりの保湿ケアも重要です。

冬は暖房の効いた部屋に長くいることも多いものです。お風呂上がりに寒いからといって、暖房を付けたままお風呂に入る人も少なくないですよね。

ですがご存知のとおり、暖房は湿度を下げ乾燥を強くしてしまいます。もし普段よく暖房を使うという場合は、できる事ならば加湿器も付けてあげましょう。

お肌が乾燥しにくい環境を作ってあげることも大切です。お肌の保湿ケアには、保湿力の高いセラミドが配合された化粧水がオススメです。

また、普段の食生活でアルコールや辛い食べ物をよく摂るという方は、そういったものを控えるだけでも乾燥を予防する事に繋がります。

どうしても体がチクチクして気になる人は、木綿の下着を身につけてみてください。肌触りが良く乾燥で敏感になった肌にも優しいですよ。
 

スポンサーリンク

まとめ

乾燥肌の原因とその対処法、いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

ナイロン製のタオルや熱湯は乾燥肌を引き起こしてしまう原因になる
・お風呂後の保湿も大事!暖房をつける場合は加湿器も一緒に
・お酒の飲み過ぎ、辛い食べ物を控えるのも効果的

こんな感じでしたね。

乾燥肌で悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは!
 
関連:乾燥肌の原因はボディソープ?石鹸も使わない“タモリ式入浴法”とは?
 

スポンサーリンク