クマ1 
ふと鏡を見ると、目の周りが真っ黒。

寝不足や目の疲れによって、目の周りにクマが出来てしまう事はありませんか?

クマには、青クマ、茶クマ、黒クマという3種類のクマが存在し、それぞれに原因があるのですが、先日、なかなか興味深い記事を見つけました。

というのも、これら3種類のクマは、実は全て目の周りにある眼輪筋の衰えが原因となって起こるというもの。

それはいったいどういう事なのか、また鍛え方はどのようにすれば良いのか、見ていきましょう。
 
関連:【クマの見分け方】あなたはどのタイプ?青クマ・茶クマ・黒クマの原因と特徴
 

スポンサーリンク

眼輪筋の衰えで起こるクマとは?

まず眼輪筋とは、目の周りにある筋肉で、主にまばたきをする時などに使う筋肉です。

これがしっかり動いていなかったり衰えてくると、血行が悪くなり、目の周りがうっ血してそれが青クマや茶クマとなって現れます。

また、眼輪筋の衰えによって目の周りの筋肉が垂れ下がり、影となってクマに見えるのが黒クマ。

これら全てのクマが目の周りの血流の悪さが原因で起こっているということですね。

眼輪筋の衰えがドライアイの原因にも?

眼輪筋の衰えは、実はドライアイの原因にもなっているのだとか。

というのも、まばたきをしているつもりでも、しっかりと瞼を閉じる事が出来ていない事があり、それが原因で眼球が乾燥し、ドライアイの原因に繋がるというものですね。

この動画を見る限りでは確かに、まばたきがしっかり出来ていません。これも眼輪筋がしっかり動いていないという証拠ですね。
 

 

眼輪筋トレーニング

それではクマを解消する為の眼輪筋トレーニングをご紹介します。

【やり方】

1、背筋を伸ばして、首を下に向け、眼球だけ上を向きます。その状態でゆっくりと瞼を閉じます。(10回)→ 上瞼に負荷を掛けます。

2、背筋を伸ばして、首を下に向け、眼球だけ上を向きます。その状態でゆっくりと瞼を閉じます。(10回)→ 下瞼に負荷を掛けます。

3、両目尻を引っぱりキツネ目にした状態で目をぎゅっと閉じます。(10回)

4、上瞼を上に引っぱりながら、目をぎゅっと閉じます(10回)

5、下瞼を引っぱりながら、頬の筋肉を使って笑顔を作ります。(10回)→ 上に引っぱられるのが分かると思います。

これらを1日に2〜3セット、続けてみましょう。

足の筋肉を鍛えるのも効果的!?

スクワット
人間の筋肉は3分の2が下半身の筋肉で、下半身を鍛える事で、全身に血液を送り出し、血行が良くなります。

そこで個人的にオススメしたいのがスクワット。

あの黒柳徹子さんや森光子さん、八代亜紀さんなどもスクワットを習慣化していて、健康はもちろん、アンチエイジングにも効果的だそうですよ。

スクワットは15回やるだけで腹筋500回分の効果があります。15回だけなら毎日続けられそうですね。

上記の眼輪筋トレーニング+スクワットをする事で、血流の改善はもちろん健康、ダイエット、美にも効果的だと言えるでしょう。
 
関連:【黒クマ】即効性あり?!目の下のたるみが目に見えて改善するマッサージ方法がすごい
 

スポンサーリンク

くま解消まとめ

いかがでしたでしょうか?

クマの原因が目の周りの筋肉の衰え、という事は確かに有り得そうですよね。体の不調は血流の悪さからくるものも確かに多いです。

筋肉を付けて全身の血流を良くして、これらを解消しましょう!クマやドライアイで悩んでいる方は是非試してみてくださいね^^

それでは!
 
関連:目元の悩みにはコレ!おすすめ人気アイクリームランキングBEST3
 

スポンサーリンク