疲れ目 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“目のアンチエイジング”について。

老化とともに目の衰えも感じてきますよね。目が疲れたなと感じた時は、目薬をさして回避する方も多いのではないでしょうか。

しかし、疲れ目を放置してしまうと目だけでなく目の周りの状態にも影響し、より老けた印象を与えてしまいます。今回は簡単なトレーニングや食べ物で綺麗で澄んだ目をつくれるポイントをご紹介します

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【疲れ目解消】ケアしよう!ドライアイになる6つの原因と治し方まとめ
 

スポンサーリンク

ビタミン・エースの力でアンチエイジング

緑黄色野菜 
「ビタミン・エース」をご存じですか?ビタミン・エースとはビタミンA・C・Eを多く含む食べ物のことをいいます

ビタミンA・・・主ににんじんやほうれん草などに含まれ、目の健康状態を保ち活性化させます。
ビタミンC・・・ピーマンやブロッコリーなどに多く含まれ、水晶体の透明感を保ってくれます。
ビタミンE・・・アボカドやカボチャ、ナッツ類に含まれる栄養素で血行を良くし疲れ目を解消します。

目の老化を予防するにはこれらのビタミン・エースをバランスよくとることがポイントです。野菜や果物は1種類ではなく何種類かを組み合わせ「カラフル」にとることを心がけましょう。

グー・パーまばたきでクマやたるみを防ぐ

目が疲れた時や、ちょっとした合間にできる「グー・パーまばたき」をご紹介します。このトレーニングを行うと毛様体筋(ピント調節機能に関わる)をほぐしたり目の周りにある眼輪筋を鍛えることができ、血流がよくなり筋肉の弾力性がアップします。

眼輪筋が鍛えらえると、血流の停滞によってできる目の下のクマや、眼輪筋の衰えでできてしまう目袋(目の下にできるたるみで、脂肪が飛び出した状態)も解消できます。 

「グー・パーまばたき」トレーニング
1.まっすぐ前を向いて、パッと目を見開く。この状態で2秒キープする。
2.目に力を入れたままグッと目を閉じる。この状態で2秒キープする。
3.1と2を3~5回繰り返す。

1日に何回やってもOKです。コンタクトやメガネをつけたままで大丈夫なので、手軽なトレーニングですっきり若々しい顔を取り戻しましょう。
 
関連:【黒クマ】即効性あり?!目の下のたるみが目に見えて改善する方法がすごい
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビタミン・エースを多く含むし食べ物に気を付けることで、体内から目の予防をすることができます。お手軽なトレーニングも取り入れて目のアンチエイジングを目指しましょう!

それでは!
 

スポンサーリンク