新型腰痛 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“新型腰痛”について。

先日放送されていたTV番組「たけしの家庭の医学」にて新型腰痛とその原因について取り上げられていました。腰が痛くて色々と検査をしたけれど原因が分からない、そんな腰痛の場合はこの新型腰痛である可能性もあるのです

そこで今回は、新型腰痛と“お尻ゆるゆるストレッチ”をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:反り腰が原因で起こる腰痛には“起き上がりこぼしストレッチ”が効果的!やり方をご紹介
 

スポンサーリンク

新型腰痛の特徴

新型腰痛の特徴
座っていることの多い日本人が抱えやすい腰痛ですが、近年、新型腰痛という症状が話題となっています。

錐で刺激されたようなズキッと来る痛みがあったり、体を横にすることで痛みが増したりするという特徴があります。そのため、動くのが億劫になってしまう患者も少なくないようです。

実は腰痛の8割以上が原因不明という診断をされているのが現状だそうですが、この新型腰痛に関して研究が進み、現在細かいメカニズムが解明されつつあります。

新型腰痛の正体は殿皮神経障害かも?

殿皮神経障害
殿皮というのはお尻部分、つまり殿部の皮膚のことで、そこをつかさどる神経に問題が起きているのが殿皮神経障害です。

長年、多くの腰痛は原因が分からないからと根本的な治療ができませんでした。その理由の一つに、殿皮神経の太さが数ミリ程度と細いため、MRIもしくはレントゲンなどに投影することが難しく、原因を特定できなかったことにあります。

殿皮神経は腰から出て左右の骨盤の方に向かって伸びていますが、この神経が骨盤に押しつけられる形になると、双方がこすれてズキンと来るような痛みを感じます。これが殿皮神経障害の直接の原因です

このこすれは、座りっ放しでお尻が長時間刺激されたり、寝返りを打ったりすることで神経が引っ張られて起きます。

また、悪化すると寝転がったり歩いたりするだけの日常の基本的な動作でも痛みが生じるため、外出が難しくなったり、体を必要以上に動かすことへの恐怖心を抱く患者も多いようです。

殿皮神経障害であるかどうかは、自分でもチェックが可能です。

新型腰痛のチェック方法

自分でどのように新型腰痛かどうかをチェックするかと言うと、殿皮神経のあるポイントを外から押してみることで判断することできます。

ウエストよりも下の、腰とお尻の境界に両手を当ててみましょう。背骨から指5本分の距離にある部分をぐっと押してみます。さらに、お尻の割れ目の中心から、やはり指5本分の距離にある部分も押してみます

これらが痛いと感じられた場合、新型腰痛、つまり殿皮神経障害の可能性が非常に高いとされています。

新型腰痛を予防する“お尻ゆるゆるストレッチ”

厄介な症状が伴う新型腰痛ですが、毎日の工夫で予防することが充分に可能です。

専門家の勧める“お尻ゆるゆるストレッチ”は、現代人の生活では凝ってしまいがちなお尻の筋肉や筋膜を効果的に伸ばしてくれるので、神経と骨盤の摩擦を解消することができます

【お尻ゆるゆるストレッチのやり方】

・まず仰向けに床に寝転がり、片足を反対側にひねるように倒します

・膝の辺りを片手で押さえて、20秒伸ばします。これを反対側の足も行いましょう

・気持ち良さを感じる程度に行い、強い痛みを感じた場合は無理をしないことが大切です

これらをお風呂上がりなど血行が良くなっている時に行うと良いでしょう。簡単にできて、お尻の疲れも改善できます。
 
関連:腰痛の原因は血流が悪い?予防・軽減に効果的なエクササイズのやり方
 

スポンサーリンク

新型腰痛まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まで原因が分からない腰痛に悩まされていた方はぜひ一度、今回ご紹介した方法でチェックしてみてください。もし当てはまる場合はお尻ゆるゆるストレッチを試してみてくださいね!

それでは!
 
関連:【正座の健康メリット】姿勢が良くなり腰痛改善効果!代謝も上がる?ひざが痛い人はお風呂がオススメ
 

スポンサーリンク