季節性うつ 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“冬季うつ”について。

暑い季節が過ぎ去り、山肌もすっかり色付いてきました。寝苦しいことも少なくなり、日中もかなり過ごしやすくなりましたね。その反面、

・寝ても寝てもまだ眠い
・なんだか体の疲れが取れない
・遊びに出掛ける気力が出ない…etc

なんてことありませんか?もしかするとそれは、秋から冬にかけてみられる「冬季うつ」かも知れません

そこで今回は、冬季うつの原因と対策をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【秋の抜け毛対策】髪が抜けるのを防ぐのに効果的な頭の洗い方!4つのポイントはコレ
 

スポンサーリンク

そもそも冬季うつって何?どんな症状?

過食
「冬季うつ」とは、一般的なうつ病とは違い、「季節性うつ病」と言われるもの。つまり、多くの場合、春の訪れとともに自然に治るうつを指します。

また、一般的なうつ病では、不眠や食欲の減退、体重の低下などが症状として挙げられますが、冬季うつの場合は逆に睡眠過多や、過食といった症状が見られます

今までと同じ睡眠時間を取っていても寝起きが悪くなったり、3食しっかり食事を摂っていてもついつい間食ばかりしてしまう、というのは冬季うつにかかってしまっている可能性が考えられます。

それに加え、やる気が出ない、疲れやすい、常にだるいといった症状も現れます。

冬季うつになる原因は?

冬季うつの原因
ではどうして冬季うつの症状が出てくるのでしょうか。それには2つの脳内物質、「セロトニン」と「メラトニン」の働きが原因とされています。

私たちの脳は日光のもと、光合成のようにセロトニンを作り出します。セロトニンは、脳内分泌ホルモンであるメラトニンの原料。メラトニンは睡眠を司るホルモンです。

メラトニンの分泌量が少なくなると、体は十分な睡眠が取れず不眠症などの睡眠障害を引き起こす原因となります

季節的に秋は夏場よりも太陽の光を浴びる時間が少なくなる傾向にあるのでメラトニンが十分に分泌されず、夜に熟睡できず朝起きれない、昼間に眠気が襲ってくるといった症状が起こるのです。

そして、その症状が酷くなるとこれらが継続的に続き、“冬季うつ”という形で体に現れます。

冬季うつ対策と改善方法

冬季うつ対策

1.日の光をたっぷり浴びる

冬季うつの原因が日光不足にあるとすれば、その対策が出来ますよね。とにかく朝起きたらお日様の光を出来るだけ浴びるように心掛けてください。それだけで、日中の眠気がだいぶ治まります。

最近では「光療法」というものも注目されています。強い光(3000ルクス相当)を毎朝強制的に浴びる方法で、病院での治療に加え、専用の照射装置を使えば、自宅でも簡単に行えます。照射装置はインターネットでも手に入りますよ。

2.定期的な運動で心と体をリラックス

そして、体を動かすことも忘れてはいけません。

運動によって分泌される「ドーパミン」は、神経伝達物質のひとつ。ドーパミンにより、気持ちを落ち着かせ、症状を改善することが出来ますよ

気分が晴れない、何だかやる気が出ない、そんな時は散歩がてらのウォーキングでも良いのでぜひ体を動かしてみてください。

3.トリプトファンを多く含む食べ物を食べる

また、食事内容を見直すことも大切です。

先述の脳内物質セロトニンの生成には、必須アミノ酸「トリプトファン」が不可欠です。「トリプトファン」が多く含まれている食品として、大豆製品(豆腐・納豆・豆乳など)やナッツ類(アーモンド・ピーナッツなど)、バナナやチーズが挙げられます

さらに、青魚には抗うつ効果があるとされていますので、サバやアジなどを積極的に食べるのもいいでしょう。
 
関連:【幸せ脳の作り方】バナナでネガティブ解消?セロトニンを増やす5つの習慣
 

スポンサーリンク

まとめ

冬季うつの原因と対策、いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう!

・秋になって睡眠・食欲過多になるのは「冬季うつ」の可能性がある
・冬季うつは日の光を浴びる量が減ることが原因で起こる
・太陽光を浴びる、運動をする、食事でトリプトファンを摂るのが有効

こんな感じでしたね。

夏場から秋冬にかけての季節の変わり目は体調だけでなく、メンタル面でも影響を受けやすいです。涼しくなって少しセンチメンタルになることもあるかも知れませんが、逆に涼しい今の季節ほどアクティブに行動しやすいですよね

今回ご紹介した症状が当てはまっているという方はぜひ試してみてくださいね。「冬季うつ」を乗り越えて、気持ちの良い秋を満喫しましょう。

それでは!
 
関連:【秋バテ対策】季節の変わり目に疲れる原因は自律神経?解消するには血流アップが効果的!
 

スポンサーリンク