くしゃみ
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“花粉症のくしゃみを止めるツボ”について。

鼻水、涙、かゆみ、くしゃみといったツラい花粉症症状。中でも最も体力を奪われてしまうのが“くしゃみ”ではないでしょうか

一度出たらなかなか止まらず、体力は奪われるわ、周りに迷惑はかけてしまうわ、大事な会議中とかであれば冷や汗まで出て来かねませんよね。

そこで、そういった場面でぜひお試しいただきたいのが花粉症症状に効果的なツボ押し。これさえ覚えていれば大事な場面で出そうなくしゃみもスッと抑える事ができます。

花粉症でくしゃみが止まらずツラい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:花粉症の予防対策には“鼻うがい”がオススメ!やり方をご紹介
 

スポンサーリンク

花粉症のくしゃみを止める3つのツボ

 
では早速、花粉症のくしゃみ止める3つのツボをご紹介しましょう。
 

1、迎香(げいこう)

 

迎香
※画像引用先

まず一つ目は迎香(げいこう)

小鼻の両脇にあるこのツボは、くしゃみだけでなく、鼻づまりなどの症状にも効果的です。迎香は呼吸とも深く関わっているので、息がしにくく、さらにくしゃみが出そうという時はまず、このツボを刺激してみてください。
 

2、太淵(たいえん)

 

太淵
※画像引用先

二つ目は太淵(たいえん)

手首の関節部分の内側にあるツボです。脈拍を測る際に触れる動脈の部分ありますよね?この部分が太淵に当たります。

くしゃみが出そうな時や止まらない時は、深呼吸をしながら両手の太淵をゆっくり押すようにしてください。
 

3、尺沢(しゃくたく)

 

尺沢
※画像引用先

そして三つ目は尺沢(しゃくたく)というツボ。

これは親指の延長線上の肘(ひじ)近くにあるツボです。肘を曲げた時に内側にできるシワのちょうど親指側が尺沢に当たります。

このツボは“扁桃のツボ”ともいわれていて、くしゃみはもちろん、咳を鎮める効果もあるのです。

病院に行きたいけど仕事でいけない、薬が切れたという時は、ぜひこのツボを押してみてください。即効性も期待できますよ。
 
関連:【これで薬いらず?】花粉症の改善に効果的な7つの食べ物をご紹介!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

くしゃみは時と場所を選びません。大事な場面でもお構いなく出て来てしまうので、いかにそれを抑止できるかということも花粉症対策としては考えておかなければなりません。

今回ご紹介したツボはそういった悩ましいくしゃみを止めるのに非常に効果的ですので、ぜひ覚えておいてくださいね!

それでは!
 
関連:インフルエンザと花粉症の両方に効くはちみつ?マヌカハニーの効果が凄い
 

スポンサーリンク