たるみ 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“割り箸エクササイズ”について。

テレビや雑誌で女優のようなシュッとした小顔を見て「こんな顔だったら人生楽しいだろうなぁ・・」なんて思ったことはありませんか?

ところが現実は、年を重ねるごとに頬やあごのたるみが目立ってきて、「年齢的に、お肌の曲がり角だから仕方がないか・・」と諦めてしまっている方もきっと多いことでしょう

しかし!諦めるのはまだ早いのです。

今回ご紹介する割り箸エクササイズはそんなお顔の悩みを解決してくれるかも知れません。というのも、この割り箸エクササイズを実際に行ってシワやたるみが解消したという口コミも少なくないんですね。

そこで今回は、割り箸を使った顔の表情筋の鍛え方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【リガメントほぐし】顔のたるみリフトアップ効果でほうれい線が解消する?やり方は?
 

スポンサーリンク

顔のたるみの原因は表情筋の衰え!

表情筋の衰え
ずばり、顔のたるみの原因は表情筋という筋肉の衰えです。

笑ったり怒ったり、顔の筋肉というのは非常に繊細に動きます。しかし、この表情筋がゆるんでくると、顔全体が垂れ下がり、老けた印象を与えてしまうのです
 
関連:【黒クマ】即効性あり?!目の下のたるみが目に見えて改善するマッサージ方法がすごい

顔のたるみを解消するには表情筋を鍛えるのが有効

笑顔
顔のたるみを左右している表情筋ですが、使わないでいると普通の体の筋肉と同じで、どんどん衰えていきます。

暗い印象で無表情の人よりは、いつもニコニコ笑っている人のほうが、何となく肌のハリなどが若々しく感じられませんか?頑固なたるみを解消するには、何よりも表情筋を鍛えるのが有効なのです

表情筋はいくつもの種類がありますが、普段の生活では意識しないとあまり動かさない使いづらい箇所もあります。そこで、衰えがちな筋肉を刺激するようなエクササイズが必要になってきます。

割り箸エクササイズで顔のたるみ解消!

割り箸エクササイズ
顔のたるみに有効な割り箸エクササイズは、一膳あれば準備はOK。割り箸エクササイズには、目的に合わせて2つの方法があります。

1.むくみ解消で小顔を目指すやり方

まず1つ目は、顔のラインにも影響するむくみの改善に効くエクササイズ。小顔づくりにはもってこいです。

まず割り箸を、奥歯でしっかりと噛みしめるようにくわえます。くわえた状態で、両方の口角をぐっと上げましょう。限界まで持ち上げたら、そのまま30秒から1分間保ちます。

慣れていない方は、最初は短い時間から始めて、徐々に延ばしていくのが良いでしょう。

2.頬を上げて口角を上げるやり方

2つ目は、キュッと上向きになったにっこり口角を目指せるエクササイズ。笑顔の印象が良いと、仕事やプライベートもうまく行きそうな気がしますよね。

先ほど奥歯で噛んだのとは違い、今度は割り箸を上下の前歯で軽く噛むようにします。この時、割り箸が水平になるように鏡でチェックしましょう。

ここから、割り箸よりも左右の口角が上側に来るように意識し、1分保ちます。特に頬を持ち上げるようにすると良いですよ。

こちらも辛い方は少しずつ慣れるようにしてみましょう。

オススメはお風呂で歯ブラシを使う!?

歯ブラシ
割り箸エクササイズ、実際にやってみると分かりますが、やり始めて何分か続けていると顔の表情筋、特に頬や目の下あたりがプルプルしてきます。

「効いてるな~」というのを感じることが出来るので、ずっと続けると本当に効果はありそうな気がしますね。

ちなみに私はお風呂に入りながらやっています。割り箸を何本も使うのがもったいないので、代わりに歯ブラシを使っています。ホテルや旅館に置いてあるような、シンプルで真っ直ぐのタイプの歯ブラシがやり易くて良いですよ(笑)

お風呂に歯ブラシを持って入るという人はぜひ試してみてください。すぐに洗えるし、何度も出来るのでオススメです!
 
関連:【舌回し運動】ほうれい線やたるみの解消に!得られる5つの美容効果とやり方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段あまり表情筋を使わない方は、初めは表情のキープに力が要りますが、これも慣れてくると自然にできるようになります。憧れの小顔と美しい笑顔のために、お手軽な“割り箸エクササイズ”を続けてみてくださいね。

ちなみに、朝一で鏡を見ながら口角を上げることで幸せホルモンが分泌されて、健やかな一日を過ごせるそうですよ!ぜひ朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

それでは!
 
必見:顔のたるみやシワを徹底ケア!おすすめ!人気美顔器ランキングBEST3
 

スポンサーリンク