ヨガ
 
ここ数年、健康ブームという事もあり、一大ブームを巻き起こしているヨガ。ヨガには様々な効果がある事をこちらの記事でご紹介させていただきました。
 
参照:シェイプアップだけじゃない?ヨガが体にもたらす5つのメリット
 
しかし、実はヨガにはこれ以外にも様々な効果が期待出来るのです。

その中でも、今回は骨盤の歪みを整えるヨガについて。

骨盤の歪みは腰痛や肩凝り、むくみ、頭痛、めまいなど、様々な症状を引き起こす原因にもなります。

体の歪みが気になっているという方はぜひ、参考にしてみてくださいね!
 

スポンサーリンク

ヨガで骨盤の歪みを解消出来る理由

 
骨盤というのは体の中で最も大きな関節で、上半身と下半身を繋ぐ重要な役割があります。

骨盤は左右対称の腸骨及び中心にある仙骨から構成され、その周囲の筋肉(骨盤底筋群・大腰筋・腸骨筋)で支えられています。

これらの深層筋群は”コア”とも呼ばれ、コアの緊張をほぐしてバランス良く、かつしなやかな状態に保つことが背骨や下半身の動きをスムーズにする事に繋がります。

そしてヨガを行うことにより体のコアのセルフマッサージを行うことができ、骨盤の歪みからなるボディラインの崩れや冷え・むくみ等の体の不調の改善にアプローチすることができます。

ヨガであれば激しいスポーツが苦手な方でも比較的取り組みやすく、またリラックス効果もありますので、産後の骨盤の歪みや体の不調にも効果的です。

骨盤は前傾しすぎても後ろに傾きすぎていても良くありませんが、ヨガのポーズをとることにより自然と正しい骨盤の体勢を理解することができるようになります。

それでは早速、骨盤の歪みの解消に効果的な2つのポーズをご紹介します。
 

スポンサーリンク

骨盤の歪みを解消する2つのポーズ

1、船のポーズ

船のポーズ
※画像引用先
まず一つ目。

骨盤周辺の筋肉に効くポーズとして「船のポーズ」をご紹介します。

初めに体育座りをして膝を三角になるように立て、両手をお尻の後ろにつきます。背筋は真っ直ぐに伸ばすようにしてくださいね。

そして息を吐きながら膝から下を床と平行になるように持ち上げ、両手もまた前に真っ直ぐのばして床と平行になるようにします。

このポーズを保ったまま5秒キープします。ポイントは背中を丸めず、下腹が凹んだ状態を意識することです。
 

2、ワニのポーズ

ワニのポーズ
※画像引用先
次に「ワニのポーズ」についてご説明します。

まずは仰向けに寝て両手を左右に真っ直ぐ伸ばし、体全体が十字になるようにします。

そして左ひざを立てて床を底辺に三角になるようにし、右手を左ひざに当ててゆっくりと左ひざを右に倒します。

ひざを倒すときは息を吐きながら行い、顔は左側を見るようにして、20秒ほど姿勢をキープします。

腰回りの筋肉が気持ちよくほぐれていくことを意識しながら反対側も同様に行いましょう。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

ヨガを行っていると体が固くなっていたり、左右対称に動かしづらかったりと自分の体の不調に気づかされることがあります。

日々の習慣としてヨガを行うことにより、体の状態と直接対話することができるので健康への意識も高まります。

そして、ウエストが細く引き締まっていたり、下腹がぽっこりと突き出ていなかったりといった美しいボディラインを保つということは、実は健康であるということに密接な関わりがあるのです。

ぜひ、ヨガを無理なくライフスタイルに取り入れて、美しく健康的な体をキープしていきましょう。
 

スポンサーリンク


 
人生が変わる?多くの成功者が実践している瞑想のメリット5選

こちらの記事もよく読まれています

口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選

カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ

ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い

短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法

滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ

お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット

そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり

目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。